英語学習はインプットが基本

まずは中学文法、単語、直読直解、高校文法、構文とマスターしてから、リーディングやライティングの勉強に進んでいくといいそうです。

英会話というのは頭の中で言葉を正しく並べて文章にすることをしなければならないので、スラスラ英会話を目指すならば、言葉を正しく並べる方法を勉強しなければならないと思います。

英語は中学文法ができていなければ使えないそうです。

文字通り、ここからスタートさせていくしかないという人もいます。

今の状態を知るということも大切だそうです。

中学文法は当たり前にできていると思っている人も、とりあえず中学一年生の英語問題を解いてみるのもいいかと思います。

また中学英語が完璧だと思っていても、they が人間にしか使えないと勘違いしていたり、becauseの使い方を間違っていたりするそうです。

簡単と思っていても、細かいところを忘れていたりするので、もう一度勉強し直すというのもいいような気がします。

中学英語が曖昧だと、結局途中で挫折してしまうそうです。

中学英語は動名詞、現在分詞、過去分詞、不定詞、関係詞、進行形、受け身、完了、5文型、主語、述語、目的語、補語、修飾語、句、節、名詞、代名詞、動詞、形容詞、副詞、助動詞、接続詞、前置詞、など、たくさんのものが含まれているかと思います。

とはいえ、これらのことを学んでおけば、これから勉強するときに文法用語で困ることはないかと思います。

資格の試験などで参考書を見ても、文法用語がたくさんならんでいるかと思います。

現在分詞は何だっけということがなくなるだけでも、勉強も気楽になるかと思います。

急がば回れで、やっていくことが大切だそうです。

中学の英語で基礎的な参考書や問題集は本屋さんに並んでいるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です