あきらめないことが大切

スポーツでもプロになるには長い鍛錬が必要だと思います。
鍛錬、訓練、努力といろいろしたとしてもプロとして活躍するというのになると、もっと凄いことに取り組んだりするのだと思います。
初級や中級になってくると、上級に取り組む方法もわかってくるので、面白みもわかってくるそうです。
苦しいことばかりをするというよりも、基礎を積んでいくことで面白いことにも取り組めるようになるのではないでしょうか。
英会話も初級、中級を過ぎるころには自分の頭で文章を作ったり、会話の内容を自分の頭で考えられるようになって、とてもおもしろくなると言われています。
英語で考えるのが当たり前になってきたり、映画も字幕なしで観ることができるようになったり、海外からの旅行者に道を聞かれても緊張しなくて済むようになるようです。
初級を習得するのはとても大変で、文法を覚えたり、発音を覚えたり、読み方やイントネーションとやることがたくさんあるような気がするかと思います。
反対に、学生生活の中で英語を習っているので、初級用のテキストが簡単すぎて面白みを感じないという方もいらっしゃるかもしれません。
そういった色々な不満が出てくるのが初級というもの。
英会話だけではなくてスポーツでも絵画でもいろんなことは初級というのはつまらないものだと思います。
この初級を超えたら自分の個性も活かせるようになって、面白みが出てくるそうです。
そう考えて初級を乗り越えるのがいいようです。
どんなことでも、できた、できない、という目先のことで諦めないほうがいいそうです。
失敗してもその失敗は必ず次に生かせますし、英会話の失敗ぐらいで気にすることもないそうです。
間違って、指摘されていくうちに覚えることもたくさんあるはずだと思います。

銀座にはこうした初級から中級の英会話を学べるところもあるようです。

気になる方は一度チェックしてみるのもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です