殺し文句

会話の本質は「質問」と「回答」の双方向と言えるでしょう。そしてそれは、言語が異なっても同様と言えるでしょう。自分の発した言葉に誰も反応しない場合、楽しくないどころか、悲しささえ感じてしまうのではないでしょうか。日本人の話す英会話最大の欠点は、声の通りにくさと発音の悪さという意見を一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。しかし、さらなる問題点があるのです。それは「現場」で使われる言葉を知らないということでしょう。日本語でも話し言葉には敬語や謙譲語など、その時々にふさわしい「現場の言葉」を知らなければ、会話や場が成立しないということは起こりうるでしょう。逆に、外国人がこの2つを知っている場合、会話に参加できるということも言えるでしょう。外国人のグループに混ざって、あなたが発したひ と言で皆が大笑いするシーンを想像してみてください。時と場合を理解し、ここぞの時に発する「殺し文句」を持っていることは、コミュニケーションにおいて重要な役割りを果たすと言えるのではないでしょうか。使い分ける慣用句とその活用場面を、簡潔に分かりやす くまとめておくのも英会話として大切なことと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です