講師のレベル

 イギリス英語とアメリカ英語との違いはやはり歴然とあります。皆さんは自分が通う(予定の)英会話学校の講師がどちらを話すのか、ご存知でしょうか。しかしそれ以上に注意すべきことがあります。率直に言えば、講師のレベルです。日本の英会話学校で働く外国人講師のほとんどは専門職としての教師の資格を有していません。講師がネイティブだということは生徒から見れば最上の講師ですが、肝心の指導経験など皆無なのです。英語を話すことくらいしか能のない外国人にとって、日本は英会話学校に引く手数多の珍しい国です。日本では教育のプロであることや専門知識を有していることを証明する必要はありません。英語圏の出身であれば難なく就職できるため、生活に困った外国人が我先にとエントリーするのです。わざわざ海外である日本に居るのにもかかわらず、敢えて待遇の良くない講師の職を選んでいるのは、専門スキルを持ち合わせていない証左です。もちろん中には経歴の申し分ない講師もいますが、そのような外国人は最初から目的を異にしており、短期採用のケースがほとんどで、参考になりません。

 指導経験が無くても講師が務まるはずだと考える人もいらっしゃるでしょう。しかしその考え方は語学を学ぶ態度として甘いと言わざるを得ません。教育経験のない講師は、生徒が何故聞き取れないのか、話せないのかを、学問的理論に依拠して理解することができません。ですから本来は英会話講師を育てるプログラムも機能していなければなりませんが、「業界」の実態は講師の育成から目を背けた酷いものになっています。英会話学校の経営者は激しい競争に曝されており、生き残るためには講師の質を改善することよりも、生徒の獲得に傾注する方が合理的な経営だと考えるのです。また外国人は終身雇用という概念をそもそも知りません。日本人に比べて躊躇なく離職を決断します。経営者としても、すぐに辞職する講師に投資するのは無駄なのです。