留学で上達しないのは何故か

 留学には高い費用が発生します。にもかかわらず、あまり上達せずに帰国する人は少なくありません。彼らに共通する特徴の一つが、英語を話すことに気後れする性格であることです。もちろん人間である以上、恥ずかしいという感情を無に帰すことはできませんが、留学中くらいは覚悟のほどを見せる必要があります。現地の語学学校や大学には世界中から留学生が集まります。日本人は英語が苦手だという自己イメージも手伝って、周りの留学生は皆自分よりもレベルが高く、自分のたどたどしい英語は馬鹿にされるだろうと考えてしまうのも理解できます。しかしその羞恥心に打ち勝たない限り、上達は見込めないことを肝に銘じるべきです。

 英語の基礎を軽視する人も留学の効果を減じてしまいます。文法、語法、単語の習得は英会話の礎です。巷に溢れる方法論の中には、文法を勉強しなくて良いとまで豪語しているものもありますが、少なくとも普通に勉強して普通に留学する上では誤った認識です。ぐらついた礎石の上に積み上げたものは脆くも崩れ落ちます。ですから留学前に基本的な文法くらいはマスターしておかなければなりません。もちろん日本では高校まで真面目に勉強すれば問題のないレベルに達するため、大学生の留学の場合、過度に心配する必要はないでしょう。

 ところでよく言及されることですが、日本人同士で固まろうとするのはやはり論外です。ホームシックに罹ると、日本人と少しでも会話したいと思うようになり、一番安心できるコミュニケーションである電話等が長引いてしまいます。全く話さないわけにもいかないでしょうが、なるべく日本語を使わないように心掛けることが大切です。SNS等も英語で行うよう努力しましょう。現地で開催されるイベント等にも積極的に参加するように心掛けます。