楽しく学ぼう

 海外留学ができれば一番良いのですが、留学しなければ英語を話せるようにはならないのでしょうか。結論から言えば独学でも話せるようになります。但し各々に合った学習方法を実践した場合に限られるので、闇雲に勉強して時間を浪費しないためにも、何人もの成功者から複数のメソッドを教わり、自分に合った方法がどれであるのかを吟味した上で取り組むのがよいでしょう。参考までに挙げる以下の方法も万能薬ではないことをご了承ください。

 我々は赤ちゃんでない以上、巷に溢れる「赤ちゃんの真似」型学習法は無い物ねだりをしているのと変わりません。つまり「赤ちゃんに比べて吸収できない大人の脳」に合わせた勉強法の中から選択する他ありません。例えば集中力の持続時間を踏まえると、一日30分の勉強しかできないのだと諦めるのが肝心です。それ以上英語に触れようとしても効率的に習得することはできず、大切な時間を浪費してしまいます。あなたの時間は英会話のためだけに供されていません。

 教材は無理なく楽しめるものを選びましょう。楽しくない教材を使っても長続きしません。海外ドラマや映画は楽しい教材の筆頭です。NHKのラジオ講座も有用です。こちらはアウトプットもできるように編まれていますが、最初はインプットに傾注します。インプットができない(上手く聞き取れない)段階で無理にアウトプットするのは効率の悪い勉強法だからです。インプットは聞き流すことと同義ではありません。集中する必要はあります。ではどこに集中すべきなのか。最初の数語に傾注するのが正解です。英語の文法構造は日本語とは異なり、最初の数語に主語と動詞が登場します。つまり文意の核が冒頭にあるため、そこに意識を向けることでポイントを把握しやすくなります。